猫が社長の歯科医院からみるブランディング

マインドとハート

面白い歯科医院が増えつつあるのでしょうか。
本日は、ホリスティックな歯科医院と猫が社長の歯科医院についてご紹介させていただきます。

ホリスティックな歯科医院

先日、ホリスティック治療をされている歯科医師の方とお話しさせていただく機会がありました。

歯科医院といえば、今コンビニの数より多いと言われているほど過当競争になっています。

どこでも、虫歯治療、矯正、インプラント、ホワイトニング、その他の子供向け各種サービスなど既にたくさんあります。

駅前で風船配っている人が白衣を着ていらして、新オープンの歯科医院に気がついたこともあります。あっちもこっちも歯科医院、生き残っているのは個性のあるところですよね。

それも普通のサービスレベルを向上させているくらいじゃ全然間に合っていない感じです。

だから、先日お話を伺ったホリスティック治療をされている先生は、唯一無二の存在感を示していらっしゃいました。

個性があるのは、資産です。

個性的な関西の歯科医院

わたしの学生時代の友人で、歯科医院を7,8年ほど前に開業した人がいます。

医院の内装は、居酒屋風の造りにしたらしく、名前は、「りりあ堂」

歯科医院ですよ、これが。

濃すぎる…….。

「りりあ」というのが愛猫の名前で、猫が社長なんですって。

トップページに「私に歯を削らせないで」と書いてあって、あんまり普通の治療をやっていない感じ満載。

それで、なんで「堂」やねん。

オープン当初は、奇抜過ぎて、わたしもびっくりしました。学生のときのままのノリでええのん?ってちょっと心配したくらいです。

そんな心配は全く無用でした。

今じゃ揺るがないポジションを築き、自分の信じる施術を地域に提供していらしゃるようです。

この個性の出し方、今考えたら大正解なんですよね。

今でも、常識や慣習に従うことが価値観だという人もいます。

そう人に無理に個性を出すのは難しいので、無理強いはしません。

でも、仮面を被って良い人ぶっているあなたには、大チャンス!

唯一無二の存在に、分野を選んでなりましょう。

大きな声を出せない人や、派手に振舞わなくても、あなたのやっていることが十分、変わっているのなら、それを淡々とやりましょう。

それを待っている人がいます。

ピックアップ記事

関連記事一覧